#1 Windows/Mac/Linux

Windows/Mac/Linuxで視聴する場合、3種類の配信メディアを総合すると、番組推奨ブラウザはChromeとなります。一枚目のウィンドウでGoogleの公式生中継(リンク)を、二枚目のウィンドウとしてページ右上にある同時通訳中継のリンクを開くことで、Googleからの映像と日本語同時通訳を同時に視聴することが出来ます。

配信へのリンクサービス名通訳音声の遅延その他の特徴
nginxでの中継ページへYouTube Live10〜15秒通訳音声の方が早い場合もDVR機能で調整可能。
ニコニコ生放送の中継ページへニコニコ生放送5〜10秒独特のコメントUI。視聴者数表示は累計。人数制限有り。
mixerの配信ページへXbox mixer1〜2秒FTL(超光速)プロトコールによる低遅延配信。視聴にはChrome、Firefox、Edgeが必要(Safari、IEは非互換)

Windows/Mac/Linuxで、同時通訳生中継を視聴する際に、Google公式生中継と同時通訳生中継との間に時差がある場合は、時差を修正して同期させることができます。詳しくはこちらをご覧下さい。

#2 Android/iPhone

AndroidとiPhoneでi/owebcaster.comのトップページ及び同時通訳番組ページを開くと自動的に基調講演視聴用2画面プレーヤーが表示されます。それぞれの生中継開始時刻に再生ボタンを押してください。但し、注意事項があります。

  1. 二つの生中継の音量は個別に微調整できません。→モバイルブラウザの仕様により、それぞれ音声のON/OFFのみです。
  2. iOS10は音声付きの生中継二つを同時に再生できません(二つ目の音声付き生中継を再生すると一つ目が停止する)。iOS11は再生開始後のミュート解除により二つの生中継とも音声付きにすることが可能です。 →iOSの仕様による挙動のため、iPhone用ページではGoogle公式生中継側をデフォルトでミュート状態にしてあります。