Google I/O 2019 Keynote in Japanese


1) 同時通訳中継日時

i/owebcaster.com」(アイオーウェブキャスター・ドットコム)は、日本時間5月8日午前2時より開催されるGoogle I/O 2019 基調講演に際し、日本語同時通訳を生放送いたします。番組放送予定は下記のとおりです。

  1. 直前予想番組:5月8日午前1時30分頃〜
  2. 同時通訳:同日午前2時頃〜
  3. 事後反省会番組:同時通訳終了後

2) 視聴者アンケート

視聴者アンケートへ。ぜひ、ご協力下さい。アンケートの結果は番組内で発表いたします。

3) 同時通訳視聴手順

通訳放送の使い方ですが、下図のとおり、一つのウィンドウでGoogleの公式生中継を見ながらもう一つのウィンドウでこのページの通訳放送を聞いていただく、という形式です。詳しくはこちらをご覧下さい。

Windows/Mac/Linuxで同時通訳中継を視聴するにはPC版ページ右上にある同時通訳中継のリンクを選んでクリックしてください。

配信へのリンクサービス名通訳音声の遅延その他の特徴
nginxでの中継ページへYouTube Live10〜15秒通訳音声の方が早い場合もDVR機能で調整可能。
ニコニコ生放送の中継ページへニコニコ生放送5〜10秒独特のコメントUI。視聴者数表示は累計。人数制限有り。
mixerの配信ページへXbox mixer1〜2秒FTL(超光速)プロトコールによる低遅延配信。視聴にはChrome、Firefox、Edgeが必要(Safari、IEは非互換)

また、Android/iPhoneでトップページ及び同時通訳番組ページを開くと2画面プレーヤーが表示されます。詳しい使用方法はこちらをご参照下さい

4) 公式中継と通訳中継の時差

Google公式生中継と同時通訳生中継との間に時差が発生することがあります。その場合の解決方法はこちらをご覧下さい。

5) 通訳/放送内容

この放送は、Googleの公式生中継を補助することを目的とした、ボランティアによる非公式の放送となります。そのため、通訳内容がGoogle社の公式見解と必ずしも一致しない場合がありえますので、ご了承をお願いします。

通訳中の放送映像は下の図のとおり、AIによる機械翻訳、視聴者の皆様からのコメント、番組スタッフからの案内文等をお送りしております。また、同時通訳は1名で行い、交代がないため、デモビデオの上映時間などは休憩をさせていただきます。その間は機械翻訳の日本語訳を参考にされて下さい。なお、機械翻訳についての説明はこちらをご覧下さい。

6) 番組の仕組みとスタッフ

aboutus_00

i/owebcaster.comがお送りする日本語同時通訳番組の流れは上のピクトグラムをご覧ください。また、通訳・スタッフの体制などの説明、並びに連絡先についてはこちらをご覧下さい。

7) パートナー様

当番組は下記のパートナー様にご支援いただいております。ぜひ、リンク先のサイトもご覧下さい。

パートナー各社
メディアパートナーEngadget Japanese様
オリジナルBGMiBgm.jp様